トップ > 日本俳優協会について > 役員と組織 > 役員一覧 > 坂東彦三郎 (ばんどう ひこさぶろう)

役員一覧

坂東彦三郎 (ばんどう ひこさぶろう)

代数

八代目

本名

坂東 輝彦 ばんどう てるひこ

生年月日

昭和18年(1943)3月31日、十七代目市村羽左衛門の長男として東京に生まれる。

芸歴

昭和25年(1950)6月
新橋演舞場「寺子屋」の菅秀才で四代目坂東亀三郎を襲名して初舞台。
昭和30年(1955)
松竹映画「路傍の石」の主役吾一に出演。
昭和33年(1958)
NHKテレビ「鉄砲小弥太」に出演。
昭和40年(1965)5月
歌舞伎座「対面」の朝比奈で、八代目坂東薪水を襲名し、名題昇進。
昭和40年(1965)10月
ヨーロッパ公演に参加。
昭和41年(1966)7月
巡業中に髄膜炎で倒れる。
昭和42年(1967)10月
歌舞伎座の十五代目市村羽左衛門追善を機に「め組の喧嘩」の喜太郎、「口上」で再起。
昭和47年(1972)5月
歌舞伎座「石切梶原」の梶原平三で二代目坂東亀蔵を襲名。
昭和55年(1980)2月
歌舞伎座「毛谷村」の六助、「実盛物語」の実盛で八代目坂東彦三郎を襲名。
昭和63年(1988)9月
韓国公演に参加

受賞歴

昭和47年(1972) 5月 重要無形文化財保持者(総合認定)に認定される。

職歴

昭和46年(1971)   社団法人日本俳優協会幹事
昭和52年(1977)            同   評議員
昭和60年(1985)            同   理事
平成7年(1995)            同   監事
平成24年(2012)   公益社団法人日本俳優協会参与

ページの先頭へ