トップ > 日本俳優協会について > 役員と組織 > 役員一覧 > 中村梅玉 (なかむら ばいぎょく)

役員一覧

中村梅玉 (なかむら ばいぎょく)

代数

四代目

本名

河村 順之 かわむら としゆき

生年月日

昭和21年(1946)8月2日、神奈川県に生まれる。

芸歴

昭和30年(1955)
六代目中村歌右衛門の養子となる。
昭和31年(1956)1月
歌舞伎座「蜘蛛拍子舞」の福才で加賀屋福之助を名乗り初舞台。
昭和36年(1961)7月
ソ連公演に参加。
昭和39年(1964)8月
ハワイ公演に参加。
昭和42年(1967)4・5月
歌舞伎座「太十」の十次郎、「吉野川」の久我之助、「助六」の白玉ほかで、八代目中村福助を襲名。
昭和42年(1967)8月
カナダ公演に参加。
昭和47年(1972)6月
ヨーロッパ公演に参加。
昭和53年(1978)2・3月
オーストラリア公演に参加。
昭和57年(1982)6・7月
アメリカ公演に参加。
昭和62年(1987)6月
ソ連公演に参加。
昭和63年(1988)7・8月
オーストラリア公演に参加。
平成2年(1990)10月
ヨーロッパ公演に参加。
平成4年(1992)4月
歌舞伎座「金閣寺」此下東吉、「伊勢音頭恋寝刃」貢で四代目中村梅玉を襲名。

受賞歴

昭和47年(1972) 5月 重要無形文化財保持者(総合認定)に認定される。
昭和53年(1978) 12月 国立劇場「桐一葉」木村長門守で優秀賞
昭和59年(1984) 12月 国立劇場「大経師昔暦」の茂兵衛で優秀賞
昭和60年(1985) 11月 歌舞伎座「義朝七騎落ち」の朝長で松竹社長賞
昭和60年(1985) 6月 歌舞伎座團十郎襲名披露興行三ヶ月連続出演により社長賞
昭和61年(1986)   「鳥辺山心中」で名古屋演劇ペンクラブ年間賞
昭和62年(1987) 10月 国立劇場「紙子仕立両面鑑」の助六で優秀賞
平成4年(1992)   「毛抜」で名古屋ペンクラブ年間賞
平成元年(1989)度   日本芸術院賞
平成2年(1990) 4月 第8回真山青果賞奨励賞
平成2年(1990) 10月 第9回真山青果賞大賞
平成5年(1993) 4月 第12回真山青果賞大賞
平成10年(1998) 4月 「藤十郎の会」で第17回真山青果賞特別賞
平成10年(1998) 9月 歌舞伎座「二条城の清正」の秀頼、「二月堂」の良弁大僧正で会長賞
平成19年(2007) 11月 紫綬褒章
平成25年(2013) 12月 日本芸術院会員

職歴

昭和46年(1971)   社団法人日本俳優協会幹事
昭和52年(1977)             同    評議員
昭和60年(1985)             同   理事
平成9年(1997)             同   常任理事
平成11年(1999)   社団法人伝統歌舞伎保存会理事
平成24年(2012)   公益社団法人日本俳優協会財務理事

ページの先頭へ